気になる声優のギャラ・年収について

LINEで送る
Pocket

今回も2次元メディア・コンテンツに関わる職業の実態について書いていこうと思います。

前回に引き続いて声優です。声優のギャラや年収について書いていきます。

前期にアニメ業界を描いたSHIROBAKOというアニメが放映されていまして、

新人声優のずかちゃんが出てきて、飲み屋のアルバイトに明け暮れる日々を送っていますが、

まぁまぁ新人声優の実態を描いていると思います。

ずかちゃん

アニメ収録の収入

ジュニアはテレビアニメの収録1回が、一律1万5千円(ランク15)。声優として人気が出ると、4万5千円程度(ランク45)にまで上がります。しかし、いくらしゃべっても一言でもギャラは同じ。例えば、毎週録音を1回したとして、1万5千×4=6万。事務所の取り分は2~3割。よって、残りは4万8千円となります。厳密には更に税金が引かれますが。。。

外画の吹き替えの収入

吹き替えのお仕事の場合、洋画や海外ドラマ1時間で平均5万円程度。人気声優になると1時間の吹き替えで15万円程度になる場合もあります。吹き替えは製作側の判断で直接決まることが多いですが、声優の収入源としては、とても大きいものです。

ゲームのキャラクターの収入

ゲームソフトのキャラクターの仕事でもらえるギャラは、アニメ収録と違って、日俳連(日本俳優連合)の規定とは無関係に決まることが多いです。基本的には1文字単位で計算され、新人の場合1ワード30円程度だと言われています。実績のある声優の場合は1ワード200円程度に跳ね上がります。仮に5000ワードを担当すると仮定すれば、以下のような収入が得られます。(新人声優の場合)30円×5000=15万円、(実績のある声優)200円×5000=100万円。

ナレーションの収入

ナレーションの仕事に関する収入は、そのジャンルによってピンきりです。例えばスーパーマーケットのアナウンスだと、安くて1回1000円ということもあります。これがテレビCMになると、新人でも数十万円貰える事もありますし、1本で100万円の収入になることもあります。テレビ番組になると、1回で10万円程度が相場です。

パチンコのアフレコ

たった一日4~5時間の拘束で、約20~30万円。有名キャラを演じるベテラン声優だと、150~250万円になることもあります。

声優の年収

さて、気になる声優の年収なんですが、その声優の実績によってピンきりです。

年収で5000円程度しか稼げない人もいれば、数千万円も稼ぐ人もいます。

新人の多くは100万以下で、SHIROBAKOのずかちゃんのように、アルバイトをして生計を立てています。

声優の仕事だけで食っていけている人は、前回の記事で取り上げましたが、全体の中でも数%だと言われています。

安定した年収を確保している声優の方は、アニメ枠だけではなく、別でナレーターやテレビCMの声を担当していることが多いです。

まとめ

はっきり言って、声優という職業はおすすめできません。

声優はなるのが難しいわりに、年収も高くはありません。

前回書きましたが、声優というのは職業として成り立ってはいません。ハイリスク・ローリターンです。

声優を志す方は、じっくりと今後の人生を考えた上で、挑んでください。

そして、声優という生き方を選んだのなら、不安定な生活がずっと続くのだと覚悟してください。

さてここまで否定的な事を書いてきましたが、声優という仕事は素晴らしい仕事だと思います!

アニメのキャラに命を吹き込むのは声優さんですからね。

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)