アニメーターの年収の現実は辛いものだった

LINEで送る
Pocket

今回も2次元メディア・コンテンツに関わる職業の実態について書いていこうと思います。

前回に引き続いてアニメーターです。アニメーターの年収について書いていきます。

なかなかに辛い現実です。。。

SHIROBAKOの登場人物の年収

総作画監督で約510万円、作画監督で約400万円、原画は約230万円、動画で約110万円。

総作画監督のほうが、監督よりも高いという。。。

この中の職業でサラリーマンの平均年収を越えようとして、現実的に狙うとすれば、メーカーPでしょうかw

これまでにも書いてきたように、超有名声優はまずなれませんので。

2009年の日本アニメーター・演出協会(JAniCA)の調査によると、

20代アニメーターの平均年収は110万4000円。30代でも213万9000円という結果。

これは中堅クラスのアニメーターも含めた数字ですが、新人で枚数が少なければ月収2~3万円程になってしまうこともあります。

さらにアニメーターの多くはフリーで、低賃金で生活できなかったり、

長時間労働で体を壊したりして90%以上が1年未満で辞めていきます。

えまちゃん頑張れ

もし数年後のSHIROBAKOを描いた第2期が放映したら、

えまちゃんはアニメーターをやめてしまっているかもしれませんね。

本当に激務の割に給料が少なくて辛いんですよ、アニメーターは。

少し前のスタジオジブリであれば、契約社員という形で固定給が保証されていましたが、

宮崎監督が引退したことで人件費の捻出が難しくなったため、

他のアニメーション会社と同様に、専属スタッフをおかない方式になりました。

ということで、ほぼ全ての会社でアニメーターは歩合制という現実です。

さらに、安価で済む海外委託が増えたため、国内のアニメーターの賃金相場もさらに下がっているのが実情です。

次回は、なぜアニメーターの給料がこんなにも低いのかを検証していきます。

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)