一人で連載する道を選び、セルフプロデュースに成功した漫画家の話

LINEで送る
Pocket

今回も引き続き、2次元メディア・コンテンツの中でも漫画業界を取り上げます。

みなさんは『あにめたまえ』という漫画をご存知でしょうか?

この漫画はコンプエース誌で連載していましたが、

担当編集者との方針不一致によって、連載が終了してしまいました。

不人気で切られたというわけではありません。

しかし、作者は諦めず、雑誌を飛び出し、一人で連載する道を選びました。

作者Rebis氏が歩んだ道は以下のとおりです。

①担当編集者との方針不一致によって、連載が終了

②「作品は、読者に読んでいただいてこそ!」と考え、

『あにめたまえ!天声の巫女』雑誌掲載分の1~4話を無料公開

③『あにめたまえ!天声の巫女』0.75巻をKindle版、電子書籍サイトのパブーでの販売を開始

④単行本化プロジェクトを実現するため、クラウドファンディングを実施!

→見事、プロジェクト達成!さらに、ストレッチゴールでドラマCD制作に挑戦!

⑤ドラマCDの制作では、読者の皆様からキャスティング案を募集する企画を実施

→雨宮天さんをはじめ、有名声優が決定!

⑥紙の単行本が発売!、Kindle版も発売!

→商業誌クオリティの本を同人流通を使ってインディーズ出版

⑦ドラマCD発売を記念したトークイベントを実施!

詳細はこちらの作者のブログを御覧ください!

Rebis氏が凄かったのは、雑誌を飛び出しても、諦めずに、

セルフプロデュースする方法を常に考え、実行してきたことですね。

なかなかできることではありません。

また、「作品を読者に読んでもらう」ということを最優先に考えて、

動いている点も素晴らしいと思います。

「作品を読むのは、編集者ではありません、読者です!」

と私は常に思っています。

更にセルフ・プロデュースするとしたら、

Rebis氏がこれまでに実施してきたことを

セミナーなどで講演したりすると良いと思います。

それがきっかけで、「あにめたまえ」という作品を知るきっかけになり、バズると思います。

こういった漫画家がたくさん出てくれば、漫画業界も面白くなるんですけどね。
   

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)