ラノベ作家の年収について

LINEで送る
Pocket

今回は2次元メディア・コンテンツに関わる職業の実態について書いていこうと思います。

今回はラノベ作家です。

・ラノベ作家の収入は出版印税

収入は印税で、発行部数で額面が決まる出版印税というものになります。

10万部刷って1部も売れなくても10万部分の印税が入るということになります。

・出版部数や印税について

具体的な初版部数は、新人賞であればみんな同じかというとそういうことはなく、

若干のばらつきがあります。

・大体12000~16000部程度

・印税率は10%、重版も同じ

・ただし、新人賞受賞作1巻のみ8%

・印税の振り込みは、発売の翌月

・ある程度売れ行きがいいと重版がかかる

・重版は一回ごとに大体3000部

・ラノベ作家の年収について

ラノベ作家に原稿料というものがありませんので、

基本的に収入源は印税のみとなります。

価格600円、印税10%、発行部数14000部として、

600×0.1×14000 = 印税84万円。

年間に4冊出したとして、84×4 = 336万円となります。

会社員の平均年収である400万を超えるには、

①重刷されて、一冊あたりの刷り部数が多くなる

②同時受賞などをして、一年で出す本の数を増やす

③メディアミックス(アニメ化、漫画化、ゲーム化など)

④兼業するなど。

実際にラノベ作家で年収1000万を超えている人は上位1~5%程度しかいません。

・担当絵師について

余談ですが、担当絵師は編集部が基本的に決めます。

ただし、担当編集によって相談できる場合もあります。


スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ラノベ作家を目指す者 より:

    初めまして。
    「印税率」について調べておりましたところ、貴殿のサイトを拝見いたしました。
    1つ伺いたいのですが、こちらに書かれました情報は、確かなものでしょうか?

    私はラノベ以外の小説家なのですが、発行部数に関してリアルな数字と感じました。
    普通、印税率や発行部数は守秘義務がかせられるので、この数字が出ていることが驚きなほどです。

    印税率もジャンルによっては、書かれておられますとおりです。
    しかし他方で、あるベテラン小説家さんからラノベは6%という情報を頂いております。

    また、「新人賞受賞作1巻のみ8%」は情報の確かさに疑問を感じました。
    新人を理由に率を下げられるわけですが、2巻目から新人から抜けられるとは思えません。

    そういうことから、記事を100%信じることが出来ず、
    情報の確かさについてお尋ねいたしたく、書き込ませて戴いた次第です。
    (私は新人6%・8%のいずれが正しいかを調べており、貴殿のサイトを拝見しました)

    宜しくお願い致します。

    • 見果てぬ夢の果て より:

      ラノベ作家を目指す者さん
      コメントいただき有難うございます。

      >「新人賞受賞作1巻のみ8%」は情報の確かさに疑問を感じました。
      >新人を理由に率を下げられるわけですが、2巻目から新人から抜けられるとは思えません。
      何%になるかは、出版社により違いますし、作家さんによっても違います。
      記事に書いたのは、ある出版社の一例となります。

      また、調査したのが数年前のことなので、現在では出版不況により、
      印税率がさらに下がっていると考えられます。

      というのも、出版不況で売上は下がっていても、編集者自身の年収を下げたくないので、
      作家さんの印税を下げて、編集者の年収を維持しようとしているからです。

      現在では、出版社に頼らなくても、戦っていく方法もありますので、
      印税率を気にされるのであれば、
      出版社に頼らない戦い方も検討してみてはどうでしょうか?

      よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)