ラノベではなぜ「異世界転生」が流行るのか?

LINEで送る
Pocket

今回は、2次元メディア・コンテンツの中でも、ラノベを取り上げます。

最大の小説投稿サイト「小説家になろう」では、異世界転生俺TUEEEE系が流行っていますが、

なぜ流行っているのかを考察します。

・読者は主人公に自分を投影する

読者がラノベを読む理由の一つには、主人公にある程度、自分を投影しつつ、

「こんな展開が自分にもワンチャンあるのでは?」と妄想しながら読むのが楽しいのです。

よって、ある程度、主人公の設定にはリアリティが必要となってきます。

・2000年代の読者はハーレム・ラブコメを読んでいた

2000年代、主な読者層である10代後半、20代の人たちは、

当時はハーレム・ラブコメ系を読んでおり、

「こんな冴えない自分でも高校生・大学生だったら、ワンチャンこんな展開もあるかな?」

と妄想して読むことができました。

・2010年代になると、現実を知ってしまった

しかし、2010年代になって20代・30代になると、社会に出て、現実を知ってしまい、

「こんな展開、ワンチャンでもないよな」

とハーレム・ラブコメ系を求めることが難しくなりました。


・現実を知った読者は「異世界転生・俺TUEEEE」系に
現実を知った読者は、異世界転生・俺TUEEEE系に移行していくことになります。

実際に「小説家になろう」のランキング上位の作品は、

成長して大人になったものの、冴えない主人公が異世界転生して、無双する話が多いのです。

ハーレム・ラブコメよりは、異世界転生して無双するという設定のほうが

まだリアリティを感じることができるため、

「異世界転生すれば、こんな自分でもワンチャン無双できるのでは?」

と妄想して、読むことができるのです。

また、俺TUEEEE系が流行っている理由としては、

主な読者層が社会人で、ストレスが溜まっているため、

俺TUEEEE系のラノベを読んでスカッとしたいと考えられます。

弱い主人公が徐々に強くなっていくストーリーでは、

ストレス発散できず、逆にストレスが溜まってしまうため、

ストーリーの導入部分で読むのをやめてしまいます。

以上が、異世界転生・俺TUEEEE系が流行る理由であると考えています。

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)