テレビ放送はもう要らない?モンストのアニメが動画配信を選んだ理由

LINEで送る
Pocket

2015年7月21日、ミクシィは『モンスターストライク』のアニメ制作発表会を開催しました。

『モンスト』のアニメは、10月10日よりYouTubeで動画配信することを発表しました。

日本語のほか、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語など多言語に対応し、

世界同時配信します。

・なぜYoutubeを選んだのか?

→若い世代に向けたアニメなので、みんなでお茶の間に座ってもらって、テレビを見るのは難しくなっている

→だからこそ、時間と場所を選ばないYouTubeで配信するのが相応しい

→動画はサクッと見れる。世界同時配信が可能

→アニメを知って、実際にモンストを始めて欲しい

→海外のユーザーにもアニメをきっかけにアプリ版を知ってもらいたい

・アニメ『モンスト』の本編が1話7分の理由

→調査結果により、『YouTube』動画の平均視聴時間は10分

→YouTube動画を利用する方は、通勤・通学などちょっとした時間に見ることもあり、

約10分が限界。

・これからのアニメは動画配信で良いのでは?

ここからは自分の考えを述べます。

アニメの多くを占める深夜アニメに関しては、みんながリアルタイムで見ているわけではなく、

録画して後から見るという人は非常に多いでしょう。

そして録画した場合、CMはスキップしますから、CMとしての効果もほとんど見込めません。

よって、わざわざテレビを選ぶ必要はないと思います。

また、動画配信にすれば、テレビの放送枠を買う必要がありませんので、

制作委員会が負担するコストはもちろん安くすみます。

現在のアニメはテレビ放送がメインですが、

なぜいまだにテレビ放送にこだわるのかわかりません。

別に動画配信でも良いと思います。

動画配信にして、浮いた分をクリエイターに還元した方が、

アニメ業界にとって良いと思います。

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)