新人作家にとっても有益な漫画配信サービス「マンガ図書館Z」がスタート!

LINEで送る
Pocket

2015年8月3日、ヤフーの子会社のGYAOは、

漫画家である赤松健氏が代表を務めるJコミの「絶版マンガ図書館」を引き継いで、

絶版漫画を中心にWebで無料配信する「マンガ図書館Z」を開始しました。

「マンガ図書館Z」は、プロの漫画家だけではなく、

新人漫画家にとっても、有益なサービスがあります。

主なサービスを紹介していきます。

・広告収益は100%作家へ

「広告付きの無料閲覧」システムです。広告収益は100%作家にいきます。

普通、広告は「うっとおしい」と思いますが、

広告が表示されたことによる収益が、100%作家にいくと思えば、

許容できるのではないでしょうか。

 

・「電子透かし入りPDF」を販売

「電子透かし入りPDF」販売を実装しています。

DRM(デジタル著作権管理)無しのPDFを購入可能となり、

どんな端末にも自由にコピーして読むことが出来ます。
PDFの価格は300円、印税は40%とのことです。

 

・新型アップロードシステム

YouTubeやニコニコ動画と同じように、

漫画家が自分でZipにまとめた漫画のデータをアップロードできます。

hon.jpと提携して、現時点で出版社が扱っている作品がアップロードされた場合は

弾くような仕組みを導入しています。

・kindleストア向け販売

公式作家に限定されますが、kindleストア向けに販売できます。

手数料は不明。

・プリント・オン・デマンドが可能

「連載したものの単行本化されなかった」作品を、

オンデマンド印刷・製本して提供するプリント・オン・デマンド(POD)販売も行います。

印税は不明。

・51カ国語の自動翻訳機能実装

リニューアルに際してビューワーを刷新しています。

吹き出し内のセリフをOCRで文字認識し、51カ国語に自動翻訳する機能を搭載しました。

セリフ部分の認識が甘かったり、翻訳精度がそこまで高くありませんが、

凄い機能だと思います。

・新たな才能を育てる場を目指す

①新人作家も投稿でき、広告収入が得られる

作品のアップロードはプロ・アマ問わず受け付け、

アマチュア作家が、自分のオリジナル作品をアップロードするシステムを実装しました。

既存作家の発表の場としてだけでなく、新人作家の育成にもつなげていきたいとのことです。

しかも、オフィシャル作家と同じように、広告収入を得られます。

②プロの漫画家がチェックするシステムを用意

投稿者が希望すれば、有料でネームを添削したり、制作のアドバイスをするなど、

プロの漫画家がチェックするような仕掛けも用意しているとのことです。

1作品あたり5000円〜1万円程度とのこと。

comicoなどのマンガアプリとは違い、公式連載前のインディーズの頃から、

収入が入ってきますし、有料とはいえプロにチェックしてもらえるのは

良いシステムだと思いますね。

スポンサーリンク
デレマス
ダンまち
デレマス
ダンまち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)